Now Loading

生薬解説山梔子さんしし

生薬解説 山梔子

山梔子 説明表示をクリック → 説明表示  いらっしゃいませ

中国における薬物の応用の歴史は非常に古く、独特の理論体系と応用形式をもつに至っており、現在では伝統的な使用薬物を「中薬」とよんでいます。

中薬では草根木皮といわれる植物薬が大多数を占めるところから、伝統的に薬物学のことを「本草学」と称しており、近年は「中薬学」と名づけています。

中薬学は、中薬の性味・帰経・効能・応用・炮製・基原などの知識と経験に関する一学科であり、中医学における治療の重要な手段のひとつとして不可分の構成部分をなしています。

【大分類】清熱剤…熱を除去する中薬です。
【中分類】清熱瀉火薬…気分の熱を除去する中薬です。

【学名】…Gardenia jasminoides Ellis

【別名】…梔子・クチナシ

【中国読み】…ZHI ZI

 概要

消炎、止血、利胆、解熱、鎮静薬として、充血又は炎症による心煩を主治し、吐血、血尿、充血、黄疸等に応用しますよ!。

粉末を黄柏末等と混和して酢でねり打撲傷に貼付外用します。


 生薬生産地

中国地図 【中国産地】…江西省・湖南省、浙江省、福建省、広西自治区
【日本産地】…香川、鹿児島、徳島
【その他産地】…朝鮮



 伝統的薬能

薬物の治療効果と密接に関係する薬性理論(四気五味・昇降浮沈・帰経・有毒と無毒・配合・禁忌)の柱となるのが次に掲げる「性・味・帰経」です。

【温寒】… 寒
※性:中薬はその性質によって「寒・涼・平・熱・温」に分かれます。例えぱ、患者の熱を抑える作用のある生薬の性は寒(涼)性であり、冷えの症状を改善する生薬の性は熱(温)性です。寒性涼性の生薬は体を冷やし、消炎・鎮静作用があり、熱性温性の生薬は体を温め、興奮作用があります。

生薬中薬)の性質と関連する病証
性質作用対象となる病証

寒/涼

熱を下げる。火邪を取り除く。毒素を取り除く。

熱証陽証陰虚証。

熱/温

体内を温める。寒邪を追い出す。陽を強める。

寒証陰証陽虚証。

熱を取り除き、内部を温める2つの作用をより穏やかに行う。

すべての病証。

 【補瀉】… 瀉  【潤燥】… 燥  【升降】… 降  【散収】… 収
【帰経】…心・肝・肺・胃
帰経とは中薬が身体のどの部位(臓腑経絡)に作用するかを示すものです。

【薬味】…苦  まず心に入ります。
※味とは中薬の味覚のことで「辛・酸・甘・鹸・苦・淡」の6種類に分かれます。この上位5つの味は五臓(内臓)とも関連があり、次のような性質があります。
生薬中薬)の味と関連する病証
 味作用対象となる病証対象五臓

辛(辛味)

消散する/移動させる。体を温め、発散作用。

外証。風証。気滞証。血瘀証。

肺に作用。

酸(酸味)すっぱい。渋い。

縮小させる(収縮・固渋作用)。

虚に起因する発汗。虚に起因する出血。慢性的な下痢。尿失禁。

肝に作用。

甘(甘味)

補う。解毒する。軽減する。薬能の調整。緊張緩和・滋養強壮作用。

陰虚。陽虚。気虚。

脾に作用。

鹹(塩味)塩辛い。

軟化と排除。大腸を滑らかにする。しこりを和らげる軟化作用。

リンパ系その他のシステムが戦っているときの腫れ。

腎に作用。

苦(苦味)

上逆する気を戻す。湿邪を乾燥させる。気血の働きを活性化させる。熱をとって固める作用。

咳・嘔吐・停滞が原因の便秘。排尿障害。水湿証。肺気の停滞に起因する咳。血瘀証。

心に作用。

淡(淡味)

利尿。

水湿証。

【薬効】…解熱作用  消炎作用  利胆(胆汁排出促進)作用  止血作用  黄疸消退作用  抗菌作用  鎮静作用  降圧作用 

【薬理作用】…清熱瀉火・涼血解毒。山梔子の水製又はエタノールエキスは総胆管結きゅう家兎の血中及び末梢リンパ中のビリルビン上昇を抑制する。又煎液あるいはエタノールエキスは猫、家兎、ラットに対し 血圧降下作用を示す。マウスに山梔子の煎液経口投与すると緩和な瀉下作用が認められ、その主体はgeniposideである。

【用途】…消炎、止血、利胆、解熱、鎮静薬として、充血又は炎症による心煩を主治し、吐血、血尿、充血、黄疸等に応用する。また、粉末を黄柏末等と混和して酢でねり打撲傷に貼付外用する。

【学名】…Gardenia jasminoides Ellis

【禁忌】…下痢の場合は禁忌(使用を控える)です。

【注意】…虚寒による泥状便には使用してはならない。

●日本薬局方
【出典】…神農本草経
【三品分類(中国古代の分類)】… 神農本草経や名医別録などでの生薬分類法
中品(保健薬)


 生薬の画像

【基原(素材)】…アカネ科クチナシまたは近縁種の果実。

山梔子(くちなし)の花


山梔子(くちなし)の果実


山梔子の生薬画像


山梔子の植物写真


山梔子の植物画像2



ツムラ漢方薬一覧へ

 方剤リンク

本中薬(山梔子)を使用している方剤へのリンクは次のとおりです。関連リンク


  関連処方茵蔯蒿湯 »
  関連処方温清飲 »
  関連処方黄連解毒湯 »
  関連処方加味帰脾湯 »
  関連処方加味逍遙散 »
  関連処方荊芥連翹湯 »
  関連処方五淋散 »
  関連処方柴胡清肝湯 »
  関連処方辛夷清肺湯 »
  関連処方清肺湯 »
  関連処方清上防風湯 »
  関連処方防風通聖散 »
  関連処方竜胆瀉肝湯 »


生薬 生薬は、薬草を現代医学により分析し、効果があると確認された有効成分を利用する薬です。 生薬のほとんどは「日本薬局方」に薬として載せられているので、医師が保険のきく薬として処方する場合もあります。


中薬・中成薬 中薬は、本場中国における漢方薬の呼び名です。薬草単体で使用するときを中薬、複数組み合わせるときは、方剤と呼び分けることもあります。
本来中薬は、患者個人の証に合わせて成分を調整して作るものですが、方剤の処方を前もって作成した錠剤や液剤が数多く発売されています。これらは、中成薬と呼ばれています。 従って、中国の中成薬と日本の漢方エキス剤は、ほぼ同様な医薬品といえます。


 詳細

果実の形は非常に特徴的で、ラグビーボールのような両端が尖った楕円体の先に宿存性で線形のがく片が残り、果実の表面にはがく片から続く縦の稜があります。

果実は熟すると黄赤色になり、中には種子が入っています。


 備考

腸間膜静脈硬化症について

IMP(Idiopathic Mesenteric Phlebosclerosis)

罹患部位 山梔子(サンシシ)含有漢方製剤の長期投与に伴う腸間膜静脈硬化症の話題です。

腸間膜静脈硬化症は、大腸壁内から腸間膜の静脈に石灰化が生じ血流が阻害されることで腸管が慢性的に虚血状態になる疾患です。
腸壁から腸間膜を通って肝臓に流れる腸間膜静脈という血管があります。腸間膜静脈硬化症は、この血管の内壁が石灰化して硬く狭くなるために起こる血流障害です。
症状は、右側腹痛、下痢、悪心・嘔吐や便潜血陽性(無症状)があり、重いものではイレウス(腸閉塞)もあります。
1993年、虚血性消化管疾患として独立した疾患であることが明らかとされました。
2012年10月までの症例報告は台湾人8人、香港人1人を除くとすべて日本人(119例報告)に限られています。

原 因

腸間膜静脈硬化症の原因は、特定されていません。

これまでの報告から、山梔子(サンシシ)中のゲニポシドが大腸にて代謝を受け、生成されたゲニピンが大腸から腸間膜静脈を通って肝臓に到達する過程でアミノ酸と結合し、青色色素を生成するとともに、腸間膜静脈壁の繊維性肥厚・石灰化を引き起こすことによって発現すると考えられています。

初期症状

初期症状は、腹痛(特に右側)、下痢、幅気・嘔吐です。

自覚症状がなく、定期健診での便潜血陽性をきっかけに判明した事例もありました。

服用期間は、腸間膜静脈硬化癌患者で山梔子(サンシシ)含有牲方の服用期間が判明してしるもののうち、約9割が5年以上の服用であったとの報告があります。

2013年に厚生労働科学研究が全国調査の結果を報告し、腸間膜静脈硬化症患者の8割以上が山梔子(サンシシ)含有漢方薬を服用し、その内9割以上で服用期間が5年以上だったことを明らかにしています。

また、山梔子(サンシシ)として5,OOOgの摂取がポイントであるとの報告もあります。

検 査

粘膜色調変化 医療機関での検査では、大腸内視鏡で右側結腸を中心とした粘膜の色調変化(暗紫色、青銅色)、単純X線/CTで右側結腸を中心とした大腸壁あるいは腸間膜静脈に沿った線状または点状の石灰化、病理組織で静脈壁の著明な繊推性肥厚と石灰化などの所見より診断されます。

発症までが緩徐のため、初期症状に気をつけることで早期の発見も可能と考えます。

該当の処方を長期服用中の方で腹痛(特に右側)や下痢を繰り返す方には、念のため、医療機関での検査を受けましょうね!。

症 例

精神不安定のため、少なくとも7年以上前から黄連解毒湯を服用していた患者さんです。
3年ほど下痢症状がときおり現れ、そのつど、整腸剤や下痢止めを処方していました。

便潜血検査で陽性、大腸内視鏡検査で盲腸から上位結腸に暗紫状粘膜、静脈拡張を認め、腸間膜静脈硬化症を疑い黄連解毒湯を中止しました。
1カ月後に治癒を確認、その後は症状無しです。

山梔子含有漢方処方名

茵蔯蒿湯・温清飲・黄連解毒湯・加味帰脾湯・加味逍遙散・荊芥連翹湯・五淋散・柴胡清肝湯・辛夷清肺湯・清肺湯・清上防風湯・防風通聖散・竜胆瀉肝湯

左側結腸に好発するはずの虚血性腸炎が右側結腸に起きた場合には、必ず漢方製剤服薬歴を聴き直しましょうね!


生薬陳列

 生薬の書物の歴史

1.【神農本草経】(西暦112年)
中医薬学の基礎となった書物です。植物薬252種、動物薬67種、鉱物薬46種の合計365種に関する効能と使用方法が記載されています。
神農本草経

神農神農:三皇五帝のひとりです。中国古代の伝説上の人といわれます。365種類の生薬について解説した『神農本草経』があり、薬性により上薬、中薬、下薬に分類されています。日本では、東京・お茶の水の湯島聖堂 »に祭られている神農像があり、毎年11月23日(勤労感謝の日)に祭祀が行われます。



2.【本草経集注】(西暦500年頃)
斉代の500年頃に著された陶弘景(とうこうけい)の『本草経集注(しっちゅう)』です。掲載する生薬の数は、『神農本草経』(112年)の2倍に増えました。 本草経集注(しっちゅう)
松溪論畫圖 仇英(吉林省博物館藏)
松溪論畫圖 仇英(吉林省博物館藏)

陶弘景(456~536年)は、中国南北朝時代(420~589年)の文人、思想家、医学者です。江蘇省句容県の人です。茅山という山中に隠棲し、陰陽五行、山川地理、天文気象にも精通しており、国の吉凶や、祭祀、討伐などの大事が起こると、朝廷が人を遣わして陶弘景に教えを請いました。
そのために山中宰相と呼ばれました。庭に松を植える風習は陶弘景からはじまり、松風の音をこよなく愛したものも陶弘景が最初です。
風が吹くと喜び勇んで庭に下り立ち、松風の音に耳をかたむける陶弘景の姿はまさに仙人として人々の目に映ったことでしょう。



3.【本草項目】(西暦1578年)
30年近い歳月を費やして明代の1578年に完成された李時珍(りじちん)の『本草項目』です。掲載する生薬の数は、約1900種に増えました。
『本草綱目』は、1590年代に金陵(南京)で出版され、その後も版を重ねました。わが国でも、徳川家康が愛読したほか、薬物学の基本文献として尊重され、小野蘭山陵『本草綱目啓蒙』など多くの注釈書、研究書が著されています。
本草綱目は日本などの周辺諸国のみならず、ラテン語などのヨーロッパ語にも訳されて、世界の博物学・本草学に大きな影響を与えています。
本草項目
儒者・林羅山(1583~1657年)の旧蔵書

李時珍 李時珍(1518~1593年)は、中国明時代(1368~1644年)の中国・明の医師で本草学者。中国本草学の集大成とも呼ぶべき『本草綱目』や奇経や脉診の解説書である『瀕湖脉学』、『奇経八脉考』を著した。
湖北省圻春県圻州鎮の医家の生まれです。科挙の郷試に失敗し、家にあって古来の漢方薬学書を研究しました。30歳頃からあきたらくなって各地を旅行し調査したり文献を集めたりはじめます。ついに自分の研究成果や新しい分類法を加え、30年の間に3度書き改めて、1578年<万暦6年>『本草綱目』を著して、中国本草学を確立させました。
関連処方李時珍、生家にて »



4.【中医臨床のための中薬学】(西暦1992年)
現在、私が使用している本草の辞典です。生薬の記載個数は、約2,700種に増えました。
神戸中医学研究会の編著です。
中医臨床のための中薬学


区切り
ハル薬局

【薬用部分】…果実

 成分

カロチノイド(crocin, geniposide)


道教・八卦 人参

山梔子の植物写真

TOP