Now Loading

生薬解説丹参たんじん

生薬解説 丹参

丹参 説明表示をクリック → 説明表示  いらっしゃいませ

中国における薬物の応用の歴史は非常に古く、独特の理論体系と応用形式をもつに至っており、現在では伝統的な使用薬物を「中薬」とよんでいます。

中薬では草根木皮といわれる植物薬が大多数を占めるところから、伝統的に薬物学のことを「本草学」と称しており、近年は「中薬学」と名づけています。

中薬学は、中薬の性味・帰経・効能・応用・炮製・基原などの知識と経験に関する一学科であり、中医学における治療の重要な手段のひとつとして不可分の構成部分をなしています。

【大分類】活血化瘀薬(理血薬)…血行を促して、瘀血を除去する中薬です。

キャッチコピー冠状動脈拡張作用・スムーズな血流!

【学名】…Salvia miltiorhiza

【別名】…セージ、タンジン、レッドセージ

 概要

活力を与える生薬は、停滞する血を動かします。
●この生薬は、心臓や血の治療薬で、心臓疾患と脳の循環障害に有効であることは臨床試験で明らかにされています。
●神農の草本書には"心臓および腹部の邪気"の治療薬として取り上げられています。神農がこの生薬に与えた別名には蝉を止める草という意味があります。
●丹参は、心臓の血の虚が関連している可能性のある不眠症や動悸にも有効です。


 生薬生産地

中国地図 【中国産地】…四川省・安徽省・河北省・山西省・江蘇省


 処方と調合

当帰(カラトウキ)、川芎(四川ラビジ)とその他の生薬を配合し、月経通や月経不順に使用。(冠心Ⅱ号)
●牡丹皮(ボタン)と鮮地黄(キツネノテブクロ〕を配合して、鼻血や喀血に関連する熱の病症に使用。


 伝統的薬能

循環を促進し、停滞を解消する。
・熱を取り除く。
・精神を静め、イライラを和らげる。

薬物の治療効果と密接に関係する薬性理論(四気五味・昇降浮沈・帰経・有毒と無毒・配合・禁忌)の柱となるのが次に掲げる「性・味・帰経」です。

【温寒】… 微寒
※性:中薬はその性質によって「寒・涼・平・熱・温」に分かれます。例えぱ、患者の熱を抑える作用のある生薬の性は寒(涼)性であり、冷えの症状を改善する生薬の性は熱(温)性です。寒性涼性の生薬は体を冷やし、消炎・鎮静作用があり、熱性温性の生薬は体を温め、興奮作用があります。

生薬中薬)の性質と関連する病証
性質作用対象となる病証

寒/涼

熱を下げる。火邪を取り除く。毒素を取り除く。

熱証陽証陰虚証。

熱/温

体内を温める。寒邪を追い出す。陽を強める。

寒証陰証陽虚証。

熱を取り除き、内部を温める2つの作用をより穏やかに行う。

すべての病証。


【帰経】…心・肝
帰経とは中薬が身体のどの部位(臓腑経絡)に作用するかを示すものです。

【薬味】…苦  まず心に入ります。
※味とは中薬の味覚のことで「辛・酸・甘・鹸・苦・淡」の6種類に分かれます。この上位5つの味は五臓(内臓)とも関連があり、次のような性質があります。
生薬中薬)の味と関連する病証
 味作用対象となる病証対象五臓

辛(辛味)

消散する/移動させる。体を温め、発散作用。

外証。風証。気滞証。血瘀証。

肺に作用。

酸(酸味)すっぱい。渋い。

縮小させる(収縮・固渋作用)。

虚に起因する発汗。虚に起因する出血。慢性的な下痢。尿失禁。

肝に作用。

甘(甘味)

補う。解毒する。軽減する。薬能の調整。緊張緩和・滋養強壮作用。

陰虚。陽虚。気虚。

脾に作用。

鹹(塩味)塩辛い。

軟化と排除。大腸を滑らかにする。しこりを和らげる軟化作用。

リンパ系その他のシステムが戦っているときの腫れ。

腎に作用。

苦(苦味)

上逆する気を戻す。湿邪を乾燥させる。気血の働きを活性化させる。熱をとって固める作用。

咳・嘔吐・停滞が原因の便秘。排尿障害。水湿証。肺気の停滞に起因する咳。血瘀証。

心に作用。

淡(淡味)

利尿。

水湿証。

【薬効】…活血祛瘀作用  涼血消腫作用  清心除煩作用 

【薬理作用】…●血管を拡張し、血液をスムーズにながします。
●血液中の血栓をできなくします。
●血圧を正常値にみちびきます。
●血液粘度を下げ血液の流れをスムーズにします。
●血管の老化を防止する作用があります。

【用途】…●免疫賦活
●循末梢血管拡張
●組織血中コレステロール値を下げる
●血糖値を下げる

【学名】…Salvia miltiorhiza

【禁忌】…血の停滞がない場合は使用を避けること。


 生薬の画像

【基原(素材)】…シソ科Labiataeタンジンの根。主産地:中国四川省。

丹参の植物図


丹参の生薬画像


丹参の植物画像


丹参の植物画像2


ツムラ漢方薬一覧へ

 方剤リンク

本中薬(丹参)を使用している方剤へのリンクは次のとおりです。関連リンク


  関連処方冠心Ⅱ号方 »


生薬 生薬は、薬草を現代医学により分析し、効果があると確認された有効成分を利用する薬です。 生薬のほとんどは「日本薬局方」に薬として載せられているので、医師が保険のきく薬として処方する場合もあります。


中薬・中成薬 中薬は、本場中国における漢方薬の呼び名です。薬草単体で使用するときを中薬、複数組み合わせるときは、方剤と呼び分けることもあります。
本来中薬は、患者個人の証に合わせて成分を調整して作るものですが、方剤の処方を前もって作成した錠剤や液剤が数多く発売されています。これらは、中成薬と呼ばれています。 従って、中国の中成薬と日本の漢方エキス剤は、ほぼ同様な医薬品といえます。


 備考

 中国東北部の向陽他に自生する、高さ30~80cmの多年草です。湿潤な砂地を好みます。株全体が黄白色の柔毛および脱毛で密に被われます。茎は四角形で直立し、表面に浅い溝があります。根は細長い円柱形で、外皮は宋赤色です。
葉は3~5枚の奇数羽状複葉で、対生します。5~8月頃、総状花序を頂生あるいは腋生し、青紫色の唇形花を3~5個輪生します。小堅果は4つで楕円形、黒色を呈します。安微(アンキ)、河北、山甲、四川、江蘇省などで生産栽培されますが、四川産のものが品質最良です。

 晩秋から初春に収穫した根を乾燥したものが生薬「丹参(タンジン)」で、「神農本草経」の上品に収載されています。味は苦く、薬性は微寒です。根が宋紅色を呈することから、名医別録には「赤参(セキジン)」の別名で記載されていますが、李時珍は「五参はその五色がそれぞれ五臓に配するもの」として五行説を述べ、そのなかで「丹参は心に入るから赤参という」としています。伝統的に心臓、循環器系の疾病に有効で、特に心臓や肝臓の過剰な熱を取り除く作用の強いことが知られています。
 さらに、「婦人明理論」には「四物湯は婦人の病を治すもので、産前・産後、経水多少のいずれを問わず、すべてに通用するものであるが、ただ一味の丹参散の主治はその四物湯と同一である。ただし、丹参は能く宿血を破り、新血を補い、生治を安んじ、死胎を落とし、崩中、帯下を止め、経脈を調える功カが大いに当帰、地黄、芍薬、川弓に類似しているからである」とあります。すなわち、主要な薬効は婦人の血流のよどみを解消する作用で、血液浄化、調経、消腫、鎮痛薬として月経不調、腹痛、閉経や産後の悪阻(オソ)腹痛、リウマチなどに応用されるのです。ただし、鬱血のない者および妊婦は理由なく服用してはならない、とされています。
 成分としては、タンシノン(tanshinoneI、Ⅱ-B)、クリプトタンシノン(cryptotanshinone)、タンシノール(tanshinol)などが知られている。近年の科学的研究により、タンシノンは冠状動脈の循環に絶大な効果があり、狭心症などの症状を緩和し、心機能を改善することが確かめられました。中国では、単離された成分よりも生薬全体を、心臓発作から回復しつつある患者に使うことが多いらしいです。臨床的には、予防薬として用いるほうがより効果的とされます。


生薬陳列

 生薬の書物の歴史

1.【神農本草経】(西暦112年)
中医薬学の基礎となった書物です。植物薬252種、動物薬67種、鉱物薬46種の合計365種に関する効能と使用方法が記載されています。
神農本草経

神農神農:三皇五帝のひとりです。中国古代の伝説上の人といわれます。365種類の生薬について解説した『神農本草経』があり、薬性により上薬、中薬、下薬に分類されています。日本では、東京・お茶の水の湯島聖堂 »に祭られている神農像があり、毎年11月23日(勤労感謝の日)に祭祀が行われます。



2.【本草経集注】(西暦500年頃)
斉代の500年頃に著された陶弘景(とうこうけい)の『本草経集注(しっちゅう)』です。掲載する生薬の数は、『神農本草経』(112年)の2倍に増えました。 本草経集注(しっちゅう)
松溪論畫圖 仇英(吉林省博物館藏)
松溪論畫圖 仇英(吉林省博物館藏)

陶弘景(456~536年)は、中国南北朝時代(420~589年)の文人、思想家、医学者です。江蘇省句容県の人です。茅山という山中に隠棲し、陰陽五行、山川地理、天文気象にも精通しており、国の吉凶や、祭祀、討伐などの大事が起こると、朝廷が人を遣わして陶弘景に教えを請いました。
そのために山中宰相と呼ばれました。庭に松を植える風習は陶弘景からはじまり、松風の音をこよなく愛したものも陶弘景が最初です。
風が吹くと喜び勇んで庭に下り立ち、松風の音に耳をかたむける陶弘景の姿はまさに仙人として人々の目に映ったことでしょう。



3.【本草項目】(西暦1578年)
30年近い歳月を費やして明代の1578年に完成された李時珍(りじちん)の『本草項目』です。掲載する生薬の数は、約1900種に増えました。
『本草綱目』は、1590年代に金陵(南京)で出版され、その後も版を重ねました。わが国でも、徳川家康が愛読したほか、薬物学の基本文献として尊重され、小野蘭山陵『本草綱目啓蒙』など多くの注釈書、研究書が著されています。
本草綱目は日本などの周辺諸国のみならず、ラテン語などのヨーロッパ語にも訳されて、世界の博物学・本草学に大きな影響を与えています。
本草項目
儒者・林羅山(1583~1657年)の旧蔵書

李時珍 李時珍(1518~1593年)は、中国明時代(1368~1644年)の中国・明の医師で本草学者。中国本草学の集大成とも呼ぶべき『本草綱目』や奇経や脉診の解説書である『瀕湖脉学』、『奇経八脉考』を著した。
湖北省圻春県圻州鎮の医家の生まれです。科挙の郷試に失敗し、家にあって古来の漢方薬学書を研究しました。30歳頃からあきたらくなって各地を旅行し調査したり文献を集めたりはじめます。ついに自分の研究成果や新しい分類法を加え、30年の間に3度書き改めて、1578年<万暦6年>『本草綱目』を著して、中国本草学を確立させました。
関連処方李時珍、生家にて »



4.【中医臨床のための中薬学】(西暦1992年)
現在、私が使用している本草の辞典です。生薬の記載個数は、約2,700種に増えました。
神戸中医学研究会の編著です。
中医臨床のための中薬学


区切り
ハル薬局

【薬用部分】…根

【中国での一般的服用量】…3~15g


道教・八卦 人参

TOP