ページの最後へページの最後へ »

概 要

●胃アトニー傾向のある寒虚湿証者、ことに湿の著しい方の五十肩・頸腕症候群。ただし、六君子湯を用いるほどの虚証ではないです。

こんな方に

胃アトニー傾向のある寒虚湿証の方、ことに湿の著しい方

主 治

湿脾(重くしびれを呈する関節炎)

適応症

肩関節周囲炎(五十肩)、頸肩腕症候群、慢性関節リウマチ神経痛

妊娠・授乳の注意

女性

●妊婦または妊娠の可能性のある人は、使用できない場合があります。

診断のポイント

●肩や上腕の痛み
●水毒体質、筋肉のしまりがない
●やや胃腸が弱い

弁証論治

●寒湿阻絡 »
●経絡に湿熱の邪が侵入した場合(湿熱入絡) »
●痺(ひ) »

出典書籍

出典書籍 (source)
西暦1587年 明時代 『万病回春』 {龍+共}廷賢 →処方使用期間:420年間


処方別・製品一覧

医薬品個人輸入 説明表示をクリック(タップ)→説明表示 いらっしゃいませ 医療用漢方薬

ツムラ 二朮湯 エキス顆粒(医療用)の通販画面へツムラ 二朮湯 エキス顆粒(医療用)の通販画面へ »
ツムラツムラ » ≪医薬品≫ 漢方製剤No:88
本剤は、〈顆粒剤〉です。
医薬品の個人輸入
ツムラ 二朮湯 エキス顆粒(医療用)のお買物(shopping)
商品番号 規格 税込価格 数量 カゴに入れる↓
k0699 42包(2週間分) 3,822円(税込)
数量
k0827 189包(63日分) 16,319円(税込)
数量

区切り線


ご購入手順

SSL説明ページへ

*【カゴに入れる↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【カゴに入れる↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【カゴに入れる↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
CreditCardの使用ができるようになりました。

  リンク電話注文 »電話注文 リンクFAX注文 »FAX注文 リンクメール注文 »メール注文 リンク直接来店 »直接来店

区切り線

証の判定

判定

証(症状・体質)判定を望む方判定の方右矢印 陰陽(太極図)証の判定メニュー画面へ »
※この判定のために、AI(人工知能)のエキスパート・システムを構築しました。Java

中医学の証・解説

次の症状のいくつかある方は、本方剤が良く効く可能性が大きいです。

二朮湯 朱雀:四神の獣・南方の守護神

【中薬大分類】祛湿剤…停滞した水液(湿)を除去する方剤です。

【中薬中分類】祛風勝湿剤…風湿による肢体の痛みを治す方剤です。

八綱分類

表寒(熱)虚(ひょうかん(ねつ)きょ) 表 寒 寒 熱 熱 虚 …証(体質・症状)が、表証(体表)、虚証(やや胃腸が弱い)、湿証(水分停滞)の方に適応します。


【証(病機)】脾不運湿・湿痰(ひふうんしつ・しつたん)

中医学効能(治法)

去風湿・化痰利水

用語の説明(term)

化痰(けたん)…痰を除くことです。

利水(りすい)…腎を温めて、脾を健全にすることです。尿や発汗のことです。水気を下行させて通利することです。利尿、導尿がそれです。薬物では猪苓・沢瀉・通草などにその作用があります。


症例・病例・治癒例・case study(case study)

【二朮湯の症例・治例】…次の症例に近い病症の方は、本方剤をお奨めします。

1〈二朮湯で肩の痛みとともに持病も改善〉

治例図 以前から左肩に痛みがあったMさん(65歳・女性)は、季節が変わり、気温が下がったためか、痛みがひどくなってしまいました。そこで、漢方薬を扱っている整形外科を受診することにしました。

Mさんは中肉中背の体型です。肥満ではありませんが、水太り体質で体にむくみが出ることが多く、みずおちの辺りをたたくとピチャピチャと音がします。もともと胃腸が弱く、消化液が食道へ逆流し、胸やけや食欲不振を起こす逆流性食道炎の持病もありました。

Mさんの話などから、医師は問診や腹診などにより、Mさんを虚証で水毒があると診断し、水毒体質の四十肩五十肩によく用いられる二朮湯を処方しました。

服用を始めると、肩の痛みは徐々に弱まり、2週間ほどで痛みは完全に消えました。また、水毒を解消して体を温める二朮湯の作用により、逆流性食道炎も治り、Mさんは、長年の持病からも解放されたのです。

弁証論治 リンク痺(ひ)証 »

・現代病名:肩痛

区切り線

組成成分

各生薬の詳細説明にリンクします。
半夏  蒼朮  黄芩  香附子  陳皮  白朮  茯苓  甘草  生姜  威霊仙  リンク天南星(0) »  羌活 

中薬構成(herb composition)

神農

半夏から甘草までは二陳湯、これに白朮・人参・大棗を加えると六君子湯になりますが、人参・大棗は除かれています。

これに香附子・鬼活・威霊仙・天南星という発散性鎮痛ないし鎮痙薬を配合したものが本方剤で、本方剤は二陳湯ないし六君子湯を使いたいような胃アトニー者(ただし、人参が除かれているのでその程度は軽い)の痛みを目標につくられた方剤と見ることができます。

二朮湯の名は、白朮と蒼朮の両方が入っていることから名付けられたものですが、白朮が収敏性であるのに対して蒼朮は発散性で、蒼朮は方剤全体の発散性を増す目的で加えられたものです。

この方剤の特徴は、構成生薬が甘草を除いてすべて燥性薬であることで(潤性で収敏性である人参・大棗が除かれていることに注意)、しかもその大半が温性で補性であることから、この方剤が寒虚湿証向きの方剤です。

なお、構成生薬中に黄芩という消炎性健胃薬が入っていますが、これは白朮という胃アトニー向き健胃薬に配して、単なる胃アトニーではなく、炎症も若干ある場合を想定して、この方剤がつくられています。

神農:三皇五帝のひとりです。中国古代の伝説上の人といわれます。365種類の生薬について解説した『神農本草経』があり、薬性により上薬、中薬、下薬に分類されています。日本では、東京・お茶の水の湯島聖堂に祭られている神農像があり、毎年11月23日(勤労感謝の日)に祭祀が行われます。

区切り線
区切り線
区切り線