ページの最後へページの最後へ »

概 要

●慢性気管支炎や肺結核で、発熱・咳・痰・食思不振・全身倦怠な どのある場合に使用します。
●滋陰降火湯と比べて、やや病気が浅く、胃弱もある方向きにつく られていますが、明らかに寒証の者には適しません。

こんな方に

熱虚証で皮膚はカサカサし、咳や痰(切れがたい)のある方

主 治

陰虚火旺(慢性化的に乾性咳・五心煩熱)

適応症

虚弱なものの慢性のせき、たん、慢性気管支炎、気管支拡張症、慢性消耗性呼吸器疾患で微熱、咳、痰、盗汗のあるもの、肺結核。

妊娠・授乳の注意

女性

●妊婦または妊娠の可能性のある人は、使用できない場合があります。

診断のポイント

●非常な虚証
●微熱、自汗、盗汗
●咳痰

弁証論治

●陰虚火旺 »
●肺陰虚 »

出典書籍

出典書籍 (source)
西暦1587年 明時代 『万病回春』 {龍+共}廷賢 →処方使用期間:420年間


処方別・製品一覧

医薬品個人輸入 説明表示をクリック(タップ)→説明表示 いらっしゃいませ 医療用漢方薬

ツムラ 滋陰至宝湯 エキス顆粒(医療用)の通販画面へツムラ 滋陰至宝湯 エキス顆粒(医療用)の通販画面へ »
ツムラツムラ » ≪医薬品≫ 漢方製剤No:92
本剤は、〈顆粒剤〉です。
医薬品の個人輸入
ツムラ 滋陰至宝湯 エキス顆粒(医療用)のお買物(shopping)
商品番号 規格 税込価格 数量 カゴに入れる↓
k0703 3.0g×42包(2週間分) 5,465円(税込)
数量
k0831 3.0g×189包(63日分) 21,576円(税込)
数量

●一日分生薬乾燥エキス量…6.00 g  ●一日分価格(税込)…412円


区切り線


ご購入手順

SSL説明ページへ

*【カゴに入れる↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【カゴに入れる↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【カゴに入れる↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
CreditCardの使用ができるようになりました。

  リンク電話注文 »電話注文 リンクFAX注文 »FAX注文 リンクメール注文 »メール注文 リンク直接来店 »直接来店

区切り線

証の判定

判定

証(症状・体質)判定を望む方判定の方右矢印 陰陽(太極図)証の判定メニュー画面へ »
※この判定のために、AI(人工知能)のエキスパート・システムを構築しました。Java

中医学の証・解説

次の症状のいくつかある方は、本方剤が良く効く可能性が大きいです。

滋陰至宝湯 朱雀:四神の獣・南方の守護神

八 法

和法:和解あるいは調和の作用によって病邪を消除する治法です。

【中薬大分類】和解剤…調和を行う方剤です。和解の方法により病邪を解除する方剤です。少陽半表半裏の邪を解除したり、肝脾不和・脾胃不和を改善するもので、八法の【和法】に相当します。

【中薬中分類】調和肝脾剤…肝と脾を調和する方剤です。肝気欝結による脾胃への横逆、または脾虚不運で肝陰が不足して疏泄が失調した脾虚肝乗により、胸脇脹痛・腹痛・悪心・嘔吐・下痢など肝胃不和・肝脾不和が見られるときに使用します。

八綱分類

裏熱虚(りねつきょ) 裏 熱 熱 虚 …証(体質・症状)が、裏証(慢性症状)、熱証(炎症)、虚証(虚弱)の方に適応します。


【気血津・臓腑証】
肺熱・気陰両虚(はいねつ・きいんりょうきょ)…清熱薬と潤燥性の止咳・化痰薬ならびに滋陰補血薬・補気健脾薬からなります。清熱薬は強い消炎作用をもつものではなく鎮静的に作用するものがほとんどであるため、強い炎症には向かず、慢性の弱い炎症で粘桐で切れにくい痰・乾咳などを呈する肺陰虚に適します。
さらに、清熱薬とほぼ同量ずつの滋陰補血薬と補気健脾薬の配合があり、栄養補給・抵抗力の増強などにも主眼がおかれていることから、食欲不振・元気がない・疲れやすい・皮膚の乾燥・やせる・盗汗などの気陰両虚を呈する状態に用いる方剤であることがわかります。
一般には、体力の低下した慢性の呼吸器系炎症に用いるとよいです。なお、本方は疏肝解欝・気血双補の遭遥散に疏肝の香附子を加え、さらに潤燥化痰の貝母・麦門冬と清虚熱の知母・地骨皮を配合した方剤でもあるので、逍遙散の適応と同じく自律神経系の失調を主体とした呼吸器系の慢性炎症を目標に使用すると良いです。

【証(病機)】肺陰虚(はいいんきょ)

女性  男性 女性の使用が多い方剤です。

中医学効能(治法)

疏肝解鬱・滋陰清熱・理気健脾・潤燥化痰・止咳・気陰双補

用語の説明(term)

疏肝解鬱法(そかんげうつほう)…肝気の鬱結によって起こるイライラ、憂鬱、怒り、ヒステリー、胸脇苦満などの治療法です。

滋陰(じいん)…潤い、冷やす力、陰を補充することです。陰(液)を潤すと、陽(氣)即ち元気が出るということです。陰虚を解消することです。類義語:補陰・養陰・涵陰・育陰

清熱(せいねつ)…熱をさますことです。身体の内部の熱を冷ますことです。体表の熱の場合は解熱といいます。

理気(りき)…理気:気の流れを良くすることです。気(氣)を正常に巡らせ機能を回復する治療法です。

健脾(けんぴ)…脾の働きです。脾胃の機能を正常にする治療法です。

潤燥(じゅんぞう)…乾きの状態を改善することです。

化痰(けたん)…痰を除くことです。

止咳(しがい)…咳を止めることです。

組成成分

各生薬の詳細説明にリンクします。
香附子  柴胡  芍薬  知母  陳皮  当帰  麦門冬  白朮  茯苓  甘草  薄荷  地骨皮  貝母 

中薬構成(herb composition)

神農

柴胡が入っていますが、全体から見てその量は少なく、いわゆる柴胡剤には入りません。柴胡・知母・地骨皮はいずれも解熱薬、薄荷・香附子は発散薬、芍薬は鎮痛薬、麦門冬・貝母・陳皮は鎮咳・祛痰薬(乾咳向き)で、これに補血薬である当帰と、胃アトニーによい白朮と茯苓が加えられています。
構成生薬は寒性・補性・潤性・降性のものが多く、熱証で虚証で、皮膚はカサカサし、咳や痰(切れ難い)のある方向きにつくられた方剤で、滋陰降火湯と同じく、この方剤も滋陰(陰虚証で熱虚燥状を呈するものを潤す)を目的としてつくられた方剤です。

神農:三皇五帝のひとりです。中国古代の伝説上の人といわれます。365種類の生薬について解説した『神農本草経』があり、薬性により上薬、中薬、下薬に分類されています。日本では、東京・お茶の水の湯島聖堂に祭られている神農像があり、毎年11月23日(勤労感謝の日)に祭祀が行われます。

区切り線

処方画像

当帰の作用 左の写真は当帰の花です。
当帰の作用は次の通りです。
補血作用血の機能を高め、身体の栄養分を補います。
行血作用…子宮を収縮して、瘀血(流れの滞った状態の血液)を排出したり、子宮の痙攣を抑えます。
潤腸作用腸内の水分不足を改善し、便秘に効果を発揮します。
調経作用…月経を調節します。
鎮静作用気持ちを静める作用です。

区切り線
区切り線

備 考(Remark)

中医師 ●主治:肝鬱血虚・肺陰虚
●効能:疏肝解鬱・補血・滋陰清肺

区切り線