ページの最後へページの最後へ »

概 要

虚証の方のこじれた風邪(軽度の胸脇苦満があり、微熱や頭痛な どのあるもの)が良い適応となります。
●その他、虚証で軽度の胸脇苦:満を認める方の神経性心悸亢進症・不眠症などに用います。
●手足は多少冷えることが多いですが著しくはなく、神経質で、著しい湿証でないことを条件とします。

こんな方に

神経過敏で動悸、不眠があり寒がりの方

主 治

神経症・不眠症・ノイローゼ

適応症

神経症不眠症血の道症更年期障害、感冒、インフルエンザ、心臓衰弱、胸部疾患、肝臓病などの消耗性疾患の体力増強、貧血症、神経衰弱、肝炎、胆嚢炎、気管支炎、肺結核、胃アトニー、気管支拡張症、肺炎、肋膜炎、腎炎、腎盂炎自律神経失調症、心悸亢進。

応 用

1.感冒、気管支喘息、慢性気管支炎、肺気腫などの呼吸器疾患。
2.不眠、神経症、心身症など。
3.更年期に現れるいらいら、怒りっぽい、ホットフラッシュ、不眠、動悸などのさまざまな自律神経症状。
4.慢性肝炎。肝機能障害。
5.アレルギー性鼻炎、慢性副鼻腔炎。
6.慢性の化膿性炎症。疾患の性質上(或いは部位上)抗生物質が効きにくいもの。
7.口腔乾燥症、ドライアイ、シェーグレン症候群など粘膜の乾燥症。

妊娠・授乳の注意

女性

●妊婦または妊娠の可能性のある人は、使用できない場合があります。

診断のポイント

●虚弱で神経質
●しばしば盗汗、冷え症
●極軽い胸脇苦満と臍上悸

弁証論治

●胃寒(寒痛) »
●肝気鬱結(肝気鬱滞) »
●肝脾不調(肝鬱脾虚) »

出典書籍

出典書籍 (source)
西暦250年 三国時代 『傷寒論』 校訂 →処方使用期間:1757年間


処方別・製品一覧

医薬品個人輸入 説明表示をクリック(タップ)→説明表示 いらっしゃいませ 医療用漢方薬

JPS 柴胡桂枝乾姜湯の通販画面へJPS 柴胡桂枝乾姜湯の通販画面へ »
ジェーピーエス製薬ジェーピーエス製薬 » ≪医薬品≫ 漢方製剤No:JPS-17
本剤は、〈錠剤、顆粒剤〉です。
JPS 柴胡桂枝乾姜湯のお買物(shopping)
商品番号 規格 税込価格 数量 カゴに入れる↓
k0439 260錠 4,860円(税込)
数量
k0569 180包(顆粒剤) 25,920円(税込)
数量

区切り線


ウチダ 柴胡桂枝乾姜湯 煎じ薬の通販画面へウチダ 柴胡桂枝乾姜湯 煎じ薬の通販画面へ »
ウチダ和漢薬ウチダ和漢薬 » ≪医薬品≫ 漢方製剤No:11
本剤は、〈煎剤〉です。

煎じ薬 煎じ薬は煎じの作業がありますがその薬効は、エキス剤よりも優れています。

ウチダ 柴胡桂枝乾姜湯 煎じ薬のお買物(shopping)
商品番号 規格 税込価格 数量 カゴに入れる↓
k0993 30日分 10,778円(税込)
数量
●一日分価格(税込)…349円


区切り線


クラシエ 柴胡桂枝乾姜湯 エキス細粒の通販画面へクラシエ 柴胡桂枝乾姜湯 エキス細粒の通販画面へ »
クラシエ薬品(カネボウ薬品)クラシエ薬品(カネボウ薬品) » ≪医薬品≫ 漢方製剤No:EK-11
本剤は、〈細粒〉です。
医薬品の個人輸入
クラシエ 柴胡桂枝乾姜湯 エキス細粒のお買物(shopping)
商品番号 規格 税込価格 数量 カゴに入れる↓
k1282 (EK-11)2.5g×42包(2週間分) 4,359円(税込)
数量
k1283 (EK-11)2.5g×294包(14週間分) 29,352円(税込)
数量

●一日分生薬乾燥エキス量…3.58 g  ●一日分価格(税込)…284円


区切り線


コタロー 柴胡桂枝乾姜湯 エキス細粒の通販画面へコタロー 柴胡桂枝乾姜湯 エキス細粒の通販画面へ »
小太郎漢方製薬小太郎漢方製薬 » ≪医薬品≫ 漢方製剤No:N11
本剤は、〈細粒〉です。
医薬品の個人輸入
コタロー 柴胡桂枝乾姜湯 エキス細粒のお買物(shopping)
商品番号 規格 税込価格 数量 カゴに入れる↓
k1627 (N11)2.0g×42包(2週間分) 5,673円(税込)
数量
k1628 (N11)2.0g×231包(77日分) 28,257円(税込)
数量

●一日分生薬乾燥エキス量…3.50 g  ●一日分価格(税込)…370円


区切り線


サイケーカンSの通販画面へサイケーカンSの通販画面へ »
小太郎漢方製薬小太郎漢方製薬 » ≪医薬品≫ 漢方製剤No:S145
本剤は、〈錠剤〉です。
サイケーカンSのお買物(shopping)
商品番号 規格 税込価格 数量 カゴに入れる↓
k0268 180錠 4,968円(税込)
数量
●小太郎の協力会製品のご注文はインターネットではできません。
電話、Fax、Eメールで承ります。
弁証論治しましょう。

●一日分生薬乾燥エキス量…1.40 g  ●一日分価格(税込)…483円


区切り線


ツムラ 柴胡桂枝乾姜湯 エキス顆粒(医療用)の通販画面へツムラ 柴胡桂枝乾姜湯 エキス顆粒(医療用)の通販画面へ »
ツムラツムラ » ≪医薬品≫ 漢方製剤No:11
本剤は、〈顆粒剤〉です。
医薬品の個人輸入
ツムラ 柴胡桂枝乾姜湯 エキス顆粒(医療用)のお買物(shopping)
商品番号 規格 税込価格 数量 カゴに入れる↓
k0626 2.5g×42包(2週間分) 6,002円(税込)
数量
k0754 2.5g×189包(63日分) 21,894円(税込)
数量

●一日分生薬乾燥エキス量…3.50 g  ●一日分価格(税込)…464円


区切り線


強胸虚散の通販画面へ強胸虚散の通販画面へ »
剤盛堂薬品剤盛堂薬品 » ≪医薬品≫ 本剤は、〈散剤〉です。
強胸虚散のお買物(shopping)
商品番号 規格 税込価格 数量 カゴに入れる↓
k2062 60包 6,912円(税込)
数量
k2063 500g 30,888円(税込)
数量
●一日分価格(税込)…0円


区切り線


ご購入手順

SSL説明ページへ

*【カゴに入れる↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【カゴに入れる↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【カゴに入れる↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
CreditCardの使用ができるようになりました。

  リンク電話注文 »電話注文 リンクFAX注文 »FAX注文 リンクメール注文 »メール注文 リンク直接来店 »直接来店

区切り線

証の判定

判定

証(症状・体質)判定を望む方判定の方右矢印 陰陽(太極図)証の判定メニュー画面へ »
※この判定のために、AI(人工知能)のエキスパート・システムを構築しました。Java

中医学の証・解説

次の症状のいくつかある方は、本方剤が良く効く可能性が大きいです。

柴胡桂枝乾姜湯 朱雀:四神の獣・南方の守護神

八 法

和法:和解あるいは調和の作用によって病邪を消除する治法です。

【中薬大分類】和解剤…調和を行う方剤です。和解の方法により病邪を解除する方剤です。少陽半表半裏の邪を解除したり、肝脾不和・脾胃不和を改善するもので、八法の【和法】に相当します。

【中薬中分類】和解少陽剤…感冒の中期(邪が少陽)に用いる和解剤です。往来寒熱・胸脇苦満・悪心・食欲不振・口が苦い等の症状で用います。

八綱分類

裏熱(寒)虚(りねつ(かん)きょ) 裏 熱 熱 寒 寒 虚 …証(体質・症状)が、裏証(慢性症状)、虚証(虚弱)、胸脇苦満(肋骨下部の張り)、気上衝(のぼせ・イライラ・緊張・不安)の方に適応します。


【証(病機)】肝熱痰飲兼胃寒(かんねつたんいんけんいかん)

女性  男性 女性の使用が多い方剤です。

中医学効能(治法)

和解半表半裏・温裏去寒・生津止汗・疏肝解鬱・安神

用語の説明(term)

和解(わかい)…臓腑の機能を調和させて病邪を除く。半表半裏、少陽証の治療法です。

半表半裏(はんぴょうはんり)…横隔膜に隣接する臓器で、胃、肝、脾、肺、肋膜、心、食道気管支などです。

生津(せいしん)…唾(つば)を出させて、咽(のど)の渇きを取ることです。

疏肝解鬱法(そかんげうつほう)…肝気の鬱結によって起こるイライラ、憂鬱、怒り、ヒステリー、胸脇苦満などの治療法です。

安神(あんしん)…精神を安定させることです。

痰飲(たんいん)…痰と飲の総称を表現する言葉です。

胃寒(寒痛)(いかんかんつう)…上腹部(胃部)の冷感と惨痛を主とするもので胃の陽気の障害によって生じます。胃の平滑筋の痙攣(ケイレン)・副交感神経過亢進などが関連すると考えられます。

使用目標(aim)

本方剤の適応する使用目標は次のとおりです。
1.感冒、気管支喘息、慢性気管支炎、肺気腫などの呼吸器疾患。
2.不眠、神経症、心身症など。
3.更年期に現れるいらいら、怒りっぽい、ホットフラッシュ、不眠、動悸などのさまざまな自律神経症状。
4.慢性肝炎、肝機能障害。
5.アレルギー性鼻炎、慢性副鼻腔炎。
6.慢性の化膿性炎症、疾患の性質上(或いは部位上)抗生物質が効きにくいもの。
7.口腔乾燥症、ドライアイ、シェーグレン症候群など粘膜の乾燥症。


症例・病例・治癒例・case study(case study)

【柴胡桂枝乾姜湯の症例・治例】…次の症例に近い病症の方は、本方剤をお奨めします。

1慢性肝炎

治例図 43歳、会社員。
数ヶ月前からの異常な疲労感の持続に不安を感じて受診。慢性肺炎と診断されて、強力ミノファーゲンの注射やその他の治療を受けているが、よくならないと言って私の所へ来院しました。体格は中等度でしたが、血色がやや不良で、舌にはやや乾燥した白苔が同等度にあり、脈は弦、腹力は中等度よりわずかに軟、両腹直筋はわずかに緊張し、心下宿硬が軽度みられます。胸脇苦満も右に軽度で、房の上下一横指の付近に腹大動脈の拍動を触れます。上腹部に比べ、下腹部の腹力が弱い、即ち瞬下不仁が認められます。自覚的には、疲れやすい、口が渇く、食欲があまりないなどの症状があります。この症例はまさに柴胡桂枝乾姜湯の典型的な状態です。瞬下不仁は八味丸の適応症です。これらの自他覚的症状の組合わせによって柴胡桂枝乾姜湯を主方とし、八味丸を兼用として投与し、2年6ヶ月でほぼ全治しました。その後も元気な生活を送っています。

・現代病名:慢性肝炎

区切り線

2〈寝汗〉

治例図 52歳、独身女性。
子宮全摘の手術後に肝炎をやり入院、退院してからも臨床検査のデータが悪いので、病院から投薬されていたが、寝汗が毎晩、数回出て困るという。そのためカゼをひきやすい。気分もイライラするし、疲労が激しいという。柴胡桂枝乾姜湯の服用で、寝汗は出なくなり、元気になってきた。肝機能検査の成績も正常になり、仕事ができるようになった。

・現代病名:寝汗

区切り線

3〈柴胡桂枝乾姜湯で体賃改善〉

治例図 Uさん(45歳・男性)は、会社には毎日休まず通っているものの、日ごろから虚弱で疲れやすく、かぜをひきやすい体質でした。
特に最近は寝汗がひどく、ほかにも尿の量が少ない、口が渇く、口が苦いなどの不快な症状がいろいろ出ていました。なんとか体質を改善したいと、漢方薬局で相談すると、柴胡桂枝乾姜湯のエキス剤を処方されました。服用を始めて20日ぐらいで効果が現れはじめ、パジャマの着替えのために夜中に起きることもなくなりました。

・現代病名:体賃改善

区切り線

4〈2週間で口の中の渇きが気にならなくなった〉

治例図 Tさん(60代)は貧血気味で、どちらかというと体力がない女性です。
このところ、疲れがひどいように感じ、食欲も落ちていました。そういうことは昔からよくあつたので、大変な病気だとは思いませんでした。しかし、今回は、年齢的にそろそろ体をいたわらなければという思いもあって、近くにある漢方薬局の薬剤師に相談に行ったのです。
口の中が渇く上、肩がこって困るというTさんの訴えを聞いた薬剤師は、彼女の体調のほかの面もチェックしました。 冷えがあり、そのわりに尿の量が少ない、頭や首の周りにだけ汗をかく。寝汗をかくこともあり、動悸や息切れがするといった点を踏まえて、Tさんは、柴胡桂枝乾姜湯を勧められました。この薬を飲み続けるうちに、口の渇きが気にならなくなり、およそ2週間後には、体調がよくなったということです。

・現代病名:口渇

区切り線

5〈胃の重さが消え、思い込みも解けた〉

治例図 中学校の教員を勤める53歳のK子さん。
やせ型で顔色が悪い虚弱体質です。近年胃の辺りが重く、口が渇いて不快で、実際にはにおわないのに強い口臭があると思い込んでしまいました。
漢方も活用している医院に行くと「実はあなたは口臭などないが、これをどうぞ」と柴胡桂枝乾姜湯を勧められました。服用して2週間で口の不快感がなくなり、半年後には胃の重さも消え、それと平行して口臭も消えたと実感したそうです。心因性口臭の思い込みが解けたのです。

・現代病名:胃腸障害

区切り線

6〈症状と一緒に夫婦喧嘩も治まった〉

治例図 夫とともにクリーニング店を切りもりしているJ子さん(52歳)。
わりあい元気で、大きな病気もなく毎日忙しく過ごしてきました。しかし、50の声を聞いてから生理が遅れ気味になり、肩こりやめまいに悩み始め、気分がふさいで接客もおっくうになってきたのです。また、ときにはイライラして夫にあたり、あまりしなかった夫婦喧嘩まで頻発する始末でした。
隣の漢方薬局の老店主がJ子さんのそんな様子に気付き、女神散柴胡桂枝湯を勧めてくれました。服用し始めて3週間ほどで肩こりとめまいが治まり、さらに1ヵ月後には、気鬱もイライラもなくなりました。J子さんの回復を最も喜んでいるのは、八つ当たりの的だった夫だということです。

・現代病名:更年期障害

区切り線

7〈病気による目の乾きも漢方で改善〉

治例図 Tさん(45歳・女性)は、目の乾きで眼科を受診した際、シェーグレン症候群と診断され、その後すぐ、漢方を扱う医院を訪れました。実はTさんは、数年前にも目がショボショボする、ゴロゴロするといった不快症状があって、苓桂朮甘湯で治ったことがあるのです。
今回は、イライラなどの神経症状もあり、足腰は冷えているものの上半身は暑いといった症状を伴っていたことから、柴胡桂枝乾姜湯苓桂朮甘湯加附子が処方されました。これを飲んで4ヵ月後には目の乾きがほとんど気にならなくなり、今回もまた漢方薬に助けられたと、とても喜んでいます。

・現代病名:シェーグレン症候群

区切り線

8〈柴胡桂枝乾姜湯でのどの痛みが軽減〉

治例図 建設会社で現場監督を務めるHさん(45歳・男性)は、毎日工事現場で砂やほこりにまみれながら大声を張り上げて仕事をしています。体力に自信があった若いころは、仕事を終えると職人たちと必ず酒盛りをしてから帰宅していました。
ところが、40歳を過ぎたころから疲れやすくなり、特に2~3年前からはかぜをひきやすく、すぐにのどの不調や腫れ、痛みを感じるようになりました。
重大な病気がのどの痛みとなって現れているのではないかと心配した奥さんは、Hさんを説得して漢方を扱っている病院へ連れていきました。担当医師は慢性咽頭炎と診断し、柴胡桂枝乾姜湯を処方しました。この処方は、肝機能を高め、抵抗力をつけ、体を温めてのどの炎症を和らげるというものです。
Hさんが、指示どおりにひと月ほど服用したところ、のどの痛みが和らぎ、その上尿の出がよくなるなど、体調も見ちがえるほどよくなりました。予期せぬ効果に喜んだHさんは「漢方は奥深い」と思いながら、今もこの薬を飲み続けています。

・現代病名:慢性咽頭炎

区切り線

9〈ひどい寒気が漢方薬で改善〉

治例図 Mさん(70歳・女性)は、しょっちゅうかぜをひいては寒気に悩まされていました。そのため、いつも帽子をかぶり、風の強い日には外を出歩かないようにしていたほどです。
お風呂に入っても、なかなか体が温まらず、特に背中がゾクゾクしているような状態で、訪れた漢方薬局では柴胡桂枝乾姜湯を処方されました。
飲みはじめてから1週間ぐらいで体が温かく感じられるようになり、寒気はしなくなりましたが、これを飲んでいると調子がいいと、その後も飲み続けています。

・現代病名:寒気

区切り線

10〈慢性の胆嚢炎が漢方で快癒〉

治例図 慢性胆嚢炎と診断されたMさん(35歳・男性)は、経過観察中で激しい症状はないものの、背中の重圧感や食後の胃部の不快感に悩んでいました。そこで、漢方薬も処方する医院を受診しました。

やせ型で神経質、尿量が少ないというMさんに処方されたのは柴胡桂枝乾姜湯です。朝夕2回の服用を続けていたところ、背中の重苦しさが徐々に取れてきました。

こうして、半年後には自覚症状がまったくなくなりました。そこで、最初に受診した大学病院で検査をしたところ、胆嚢炎はすっかり治っているとのお墨つきをもらったそうです。

・現代病名:慢性胆嚢炎

区切り線

10〈漢方を飲みはじめてここ3年間、全く発作が起こらない〉

治例図 慢性膵炎を患うYさん(38歳・男性)は、西洋医学での治療で痛み止めの薬を飲んではいるものの、一進一退を繰り返すだけの病状に悩んでいました。膵臓の炎症を示すアミラーゼ(消化酵素)の値も高く、糖尿病を発症する可能性もあり、毎日が気掛かりで仕方なかったそうです。

思い余ったYさんは、漢方を用いる医院を受診しました。やせ型で体カがなく、動悸や不眠を訴えるYさんに処方されたのは、柴胡桂枝乾姜湯です。

飲みはじめて3ヵ月もすると、アミラーゼ(消化酵素〕の値が正常値に戻るのに伴って西洋薬の量が減り、1年後にはすっかりよくなったそうです。

以来漢方薬を常に携帯し、飲み続けているそうですが、ここ3年間は全く発作が起こっていないとのことです。

・現代病名:慢性膵炎

区切り線

10〈漢方薬で肝機能値が安定し退院できた〉

治例図 会社員のJさん(33歳)は、あるとき異様な疲れを感じて病院に行ったところ、急性肝炎と診断され、即入院することになりました。

その後、本人はほどなく元気を回復したのですが、2ヵ月たっても肝機能値が下がらないため、退院の許可がなかなか下りません。肝機能を示すGOT、GPTの検査値が、ともに200ぐらいあるという状態だったのです。

母親が心配して、かねて知っている薬局の薬剤師に相談しました。体格は普通で、黄疸は出ていないというと、柴胡桂枝乾姜湯という薬が出されました。Jさんは、早速この薬を飲みはじめました。

すると、肝機能値がみるみる下がりはじめ、1ヵ月後には正常値になって、担当医に退院を許されたのです。医師は、この変化にすっかり驚いていたといいます。

退院後、Jさんは柴胡桂枝乾姜湯を1ヵ月飲み続け、すっかり元気になりました。

・現代病名:急性肝炎

区切り線

10〈微熱の症例〉

治例図 55歳の女性。

現病歴:日頃からあまり丈夫な方ではないが大病を患ったことはない。2ケ月前に風邪を引き、一応治癒したが、何となく微熱が続き、時々背中に悪寒を感じる。足が冷えて、もう5月になるというのに夜はアンカが離せない。夜は時々寝汗をかく。咳タン共にない。何か悪い病気が隠れているのではないかと心配して来診。

望診:やせ型であまり顔色は好くない。

舌診:舌は湿って赤味が少なく、薄い白苔が付着。

脈診:脈は沈んでいるがやや弦。

腹診:胸部の呼吸音も正常。お腹は軟かく、みぞおちの辺りに少し抵抗があって押さえると痛い。(心下微満結)膀上に動悸を触知。季肋部の辺りもやや緊張(胸脇苦満)。

検査:念のためにレントゲンや検査もしたが全く異常は見られない。この方は体力が弱くて気血共に不足した状態で病気を完全に追い出すだけの抵抗力がないためにカゼ症状が長引いていると考えられた。

処方:微熱と悪寒を取るのに紫胡桂枝乾姜湯を投与した。

経過:約!週間後、熱も寒気もおおかたとれた所で、気虚の微熱を去り、元気をつける目的で補中気益湯を一週間投与して完全に平熱に戻った。

・現代病名:微熱

区切り線

10〈頭痛、鼻汁、咽頭痛〉

治例図 47歳の女性。

二日前から微熱と寒気があり、頭痛、鼻汁、咽頭痛があります。体の節々が少し痛く全身がだるく感じます。咳はありません。何となく身体が汗ばみ、風に当るとゾクゾクと寒気がします。

患者さんはやせ型で、背中の辺りを手で当ると何となく汗ばんだ感じです。

体温は36.8度、血圧116/71で、脈は63/分。脈は軽く触れると榑動しますが、ちょっと押さえると消える浮弱という脈です。

咽頭は少し赤味が増しているようですが、舌は湿って薄い白苔が少し付いていて特別に変わったことはないようです。胸部の聴打診も、漢方的な腹診でも異常はありません。

そこで桂枝湯のエキス剤を二日間飲んで頂きました。とても気分は良くなりましたが、夕方になると微熱があり、夜、寝汗をかいて安眠できないとの事ですので、今度は柴胡桂枝乾美湯のエキス剤を処方し、三日間服用して全快しました。

・現代病名:頭痛、鼻汁、咽頭痛

区切り線

組成成分

各生薬の詳細説明にリンクします。
柴胡  黄芩  リンク牡蛎(3) »  瓜呂根  桂皮  乾姜  甘草 

柴胡桂枝乾姜湯の中薬一覧(herb list)
生薬名(herb name) 薬量(quantity) 君臣佐使(role) 効能1 効能2 効能3 効能4 効能5 効能6 効能7 大分類 中分類

柴胡 »

6

君薬

疏肝解欝

解表剤

辛涼解表薬

黄芩 »

3

臣薬

清熱

清熱剤

清熱燥湿薬

牡蛎 »

3

使薬

安神・止汗・熄風

瓜呂根 »

3

使薬

滋陰清熱

清熱剤

清熱瀉火薬

桂皮 »

3

佐薬

温中散寒

解表剤

辛温解表薬

乾姜 »

2

使薬

温中散寒

温裏薬(散寒薬)

甘草 »

2

佐薬

諸薬調和

補虚薬

補気薬

・君薬…方剤配合中の主薬で、症状に対して主に作用する薬物です。
・臣薬…主薬を補助して主薬の効き目を強化する薬物です。
・佐薬…主薬に協力して二次的な症状を取り除くか、または主薬を制御し、主薬による副作用を抑えるか防ぐ薬物です。
・使薬…方剤の中では二次的な薬物か、引経(薬物を病のある場所まで引率していく作用)の薬物です。

1.柴胡・黄芩は、消炎・解熱・鎮静作用により、往来寒熱・胸脇苫満を除く(清熱)。
2.乾姜・桂皮は、瀉下薬により生じた胃腸平滑筋トーヌス増大と痙攣(けいれん)を除き血行を促進する(温裏祛寒)。
3.括楼根は、体を滋潤して脱水を緩解し、かつ消炎・祛痰する(滋陰清熱)。
4.牡蛎は、止汗・鎮静作用によって、汗を止めて津液喪失が進行するのを防止し、動悸を鎮め、かつ鎮痛作用により腹痛を止める。
5.甘草(炙甘草)は、抗利尿作用により津液を保持し、鎮痙鎮痛作用により腹痛を止め、また諸薬を調和させる。
(補足)
本方は、本来、傷寒に罹患し、治療が適切でないために邪が少陽の部位に仕入し、ここで邪正相争し、水飲が結した状態に用いる。この病態は、感冒や気管支炎に現れることが多いが、本方は慢性疾患にも応用可能で、その場合、個々の薬物の作用は傷寒とは異なった面が表面に出る。例えば、慢性疾患に用いる場合は次のように働く。
1.柴胡は、鎮静・自律神経調整を行う(疏肝解欝)。
2.黄芩・牡蛎は。鎮静作用により脳の興奮性や動悸を鎮める(安神)。
3.桂皮・乾姜は腹中を温めて腹痛を除き(温中散寒)、甘草(炙甘草)・牡蛎が鎮痛を補助する。
4.括楼根は、滋潤性により口渇を止める(滋陰清熱)。

中薬構成(herb composition)

神農

柴胡と黄芩の組み合わせがありますので、いわゆる柴胡剤の一つで、胸脇苦満が考えられますが、桂枝・乾姜・牡蠣・甘草と虚証用の薬がたくさんに加わっていますので柴胡桂枝湯よりさらに虚証用の方剤です。
瓜呂根は潤性が強いので、口乾や乾咳や盗汗によく、牡蠣には鎮静・止汗作用があります。また桂枝は頭痛や微熱など、表.証の残っているのを除く役を果たします。

神農:三皇五帝のひとりです。中国古代の伝説上の人といわれます。365種類の生薬について解説した『神農本草経』があり、薬性により上薬、中薬、下薬に分類されています。日本では、東京・お茶の水の湯島聖堂に祭られている神農像があり、毎年11月23日(勤労感謝の日)に祭祀が行われます。

区切り線

処方画像

腹部の症状気・血・水にやさしく作用
柴胡桂枝乾姜湯は、柴胡剤の中でも最も穏やかに作用する漢方薬のひとつで、体力のない虚証向けの処方です。
血色が悪く顔色がさえない、口の中が乾燥してパサパサする、首から上に汗をかく、寝汗が出るなどの状態に加え、疲れやすい、動悸、息切れ、尿の出が悪くて少ない、などといった症状が気になったら、柴胡桂枝乾姜湯の服用を考えてみましょう。柴胡桂枝乾姜湯が合うタイプの人は、みぞおち辺りに軽い抵抗と圧痛がある(胸脇苦満)、肝臓のある右側を押すと痛みがある、へその下辺りに動悸がある、腹力が弱まり腹壁が薄くなっている、などの腹部の症状がみられるのも特徴です。
柴胡桂枝乾姜湯を構成する7種類の生薬は、それぞれ重要な役割を担い、特に、柴胡と黄ゴンの組み合わせば、炎症を鎮める効果を高めてくれます。また、桂枝は熱や痛みを解消させ、乾姜は体を温めて体力を補います。さらに、牡蛎は滅入った気分を和らげ、括呂根(かつろこん)は渇いた口やのどを潤します。それぞれの生薬の作用を緩和させる甘草も配合されているので、身体にやさしく働きます。
オールマイティに優れた処方
こじれたかぜや慢性疾患など、同じような症状に効く漢方薬に小柴胡湯という処方がありますが、柴胡桂枝乾姜湯は、小柴胡湯よりも体が衰弱しているときに用いられます。その応用範囲は大変広く、普通のかぜや1週間ぐらいたっても治らないこじれたかぜ、肺炎や胸膜炎などの胸部の病気、数日にわたって熱が上下する各種の熱病、胸焼けや胃炎、ネフローゼ、中耳炎、ノイローゼなど、挙げはじめると切りがないほどです。特に、女性にとっては血の道症に有効なことから、つらい更年期障害を和らげて、心身ともに軽くしてくれる、大変役に立つ漢方薬です。
このように、柴胡桂枝乾姜湯は、生まれつき体力がない、あるいは何らかの原因で体力が衰え気力のない人の強い味方となる、まさにオールマイティな処方といえます。ただし、先にも述べましたが、穏やかな作用の漢方薬であるため、体力が充実している実証の人にはあまり向いていません。それらの人が服用しても、効果は実感しにくいでしょう。

区切り線

合 方(複数の漢方薬を合わせた処方)

(複数の漢方薬を合わせた処方)
他剤との効用併用を示します。合方は良効なケースが多いです。
本方の証の方で、さらに次の症状がある方は、合わせて次の方剤を飲むと良く効きます。
病症症状 合方 備考
慢性肝炎で、舌色が暗あるいは紫、または瘀斑を認めたり、体のあちこちに毛細血管の拡張(細絡)が見られる方(瘀血) 柴胡桂枝乾姜湯+加味逍遙散
柴胡桂枝乾姜湯+桂枝伏苓丸
不眠や神経症で、動悸や胸の不快感を覚える方 柴胡桂枝乾姜湯+酸棗仁湯
いらいらの強い方 柴胡桂枝乾姜湯+加味逍遙散
柴胡桂枝乾姜湯+抑肝散
区切り線

備 考(Remark)

中医師優れた処方が意外に使われない理由
虚弱体質の人に対して、応用範囲が非常に広く、オールマイティな処方である柴胡桂枝乾姜湯ですが、実際に用いられることは意外に少ない薬でもあります。
漢方に詳しい故・藤平健医師などは、全患者数の3分の1に処方したとされるほど、よく使って治療していたといいます。しかし、そのほか多くの場合は、柴胡桂枝乾妻湯と同レベルである補中益気湯や加味逍遙散の方が好まれて使われる傾向にあるようです。
漢方薬は、その多くが中国で生まれた処方で、古典の『傷寒論』や『金匱要略』に処方解説が掲載されています。柴胡桂枝乾姜湯は、その両方に載っている処方ですが、その解説があまりにも短く簡単すぎて、要領を得にくいといわれているのです。とはいえ、大変使い勝手のよい薬であることは確かですから、医師に相談の上、いろいろと応用してみるとよいかもしれません。

区切り線