肝気鬱結(肝気鬱滞) 弁証論治 中医学基礎理論

 対応病症

肝気鬱結(肝気鬱滞)

精神的ストレス。→精神的ストレス。

●抑鬱(うつ)。
●怒りっぽい。
●胸悶。
●ため息。
●胸脇部、乳房、少腹部脹痛。
●月経不調。
●月経痛。
●咽喉部の梅核気*。
●頸部の痩瘤。
●腹部の綴痕。
*梅核気:咽喉に梅の実の核がつまったような、閉塞感を生じる。

いらっしゃいませ

 弁証分類



◆大分類:肝・胆病の弁証


◆中分類:肝気鬱結(肝気鬱滞)


八綱分類 裏 実

 弁証概要

概要

肝気鬱結とは、精神的ストレスによる症状を指しています。女性に多く見られます。精神的ストレスによる感情抑うつの状態は、多くの病気の原因や憎悪因子となります。また、逆に様々な病気は感情の抑うつをもたらします。中医理論によると、気のうっ滞は瘀血(気滞血症)を引き起こしたり、消化器系に影響して全身の機能低下をもたらします。

解説

肝気がうっ結すれば気の流通が滞り胸の煩悶感が発生する.ため息をつくと煩悶感は少し軽くなる.脇や季肋部、乳房、下腹部などは肝経が循っている部位なので、肝気がうっ滞するとこれらの部位の気の流通が停滞し、腫脹感や痛みを覚える. 嘔吐、げっぷ、胃酸の逆流、食欲不振などは後述するように、うっ結した肝気が胃を犯した証候(肝気犯胃証)である. 治療では精神安定作用、胃腸蠕動運動の改善作用、鎮痙作用などのある薬物を組み合わせる.

対応現代病名(今日的病名)

慢性咽喉頭炎・心臓神経症・高血圧症・神経症・常習性頭痛・慢性肝炎・過敏性腸症候群・抑うつ状態・座瘡・尋常性乾癬・脱毛症・肝斑・月経前症候群・月経困難症・耳鳴り・脳血管性痴呆・脳卒中後遺症・尿道症候群・肩こり・不眠症・慢性扁桃炎・男性の性機能障害・乳腺症・口腔、口唇乾燥症

病因病機

ストレス > 肝の疏泄(そせつ)の機能失調
新陳代謝>

 病 症

舌診【舌診】 舌苔:薄白



舌 診 »

脈診【脈診】


分析
●抑うつ、怒りっぽい…肝の疏泄の機能(精神面)失調。
●胸悶、ため息、胸脇・乳房…少腹部脹痛* 肝気欝結による、肝経の気機阻滞。
●月経不調、月経痛…気病が血に影響を及ぼし気滞血痂を生じるため、衝任(しようにん)2脈の失調をきたす。
●咽喉部の梅核気…気が啓し痰を生じ、咽喉で痰と気が結する。
●頸部の痩瘤…痰気が頸部に積滞する。
●腹部の綴痕…気欝が長期にわたり、気滞血瘀を生じる。
●脈弦…肝病の脈象。
*胸脇、乳房、少腹は肝経の循行部位。

治法…疏肝解鬱(疏肝理気)
【治法説明】
気滞を除いて、

 使用方剤

【本弁証対応使用方剤一覧】

摘要方剤

効果・使用方法

四逆散

肝気鬱結(肝気鬱滞)の代表方剤です。

柴胡疏肝散

肝気欝結 疏肝解欝

柴胡疏肝湯

逍遙散

大柴胡湯

柴胡桂枝湯

加味逍遙散

柴胡清肝湯

柴朴湯

四七湯

梅核気 理気消痰

海藻玉壷湯

痩瘤 理気消屡

驚甲煎丸

瘡痕 活血軟堅

柴胡加竜骨牡蛎湯

動悸、不眠、いらいらが強い場合に使用します。

神秘湯

呼吸困難、不安、抑鬱などの精神神経症状に使用します。

加味帰脾湯

軽度の熱証を伴う場合に使用します。

柴胡桂枝乾姜湯

●リンクのある方剤は、その詳細内容のページへリンクできます。

自然 ●自分の力だけで生きている人は一人もいません。空気、水、太陽、地球、動植物のお陰で生きていることができます。
●人は大自然の偉大な力により生きているのです。従って、病気の時も大自然の薬(漢方薬)を用いることが重要と考えます。
●大自然に対して感謝の気持ちを持って生活する事が大切だと思います。それによって、喜びや笑いが増え、心が健康になり、身体の健康へとつながっていきます。


 養生法

食養医食同源。次の食材を利用して下さい。
薬膳食材 »

ツボ

●だん中、内関、期門、太衝(たいしょう)、陽陵泉(ようりょうせん)、支溝など。瀉法

肝・胆の働き 思考活動と決断、血量のコントロールをつかさどる

肝のはたらき
蔵血作用…血(血液)をたくわえ、全身に供給します。
疏泄(そせつ)作用…気の流れを調節→血の流れをコントロールします。
③脾や胃(消化器)の働きを助けます。
④胆のはたらきをコントロールする→胆汁の生成を促進します。
⑤筋肉…筋肉を管理して関節運動が円滑に行えるようにします。
⑥目…目と関連して、視力を調節しています(目に開竅)。
⑦爪…血の濡養作用の状況は爪の変化としてあらわれます(華は爪)。
⑧涙…肝液です。

胆のはたらき
①胆の胆汁は消化器のはたらきを助け、臓腑の活動状況を監視します。

クスリ

肝・胆 肝・胆病の一覧は次のとおりです。
1.意識症状(意識障害、めまい、動悸、不眠、胸苦、イライラ、肩こり、耳鳴り、立ちくらみ、弛緩、もうろう、意識不明)
2.神経症状(頭痛、身体痛、痒み、アレルギー、偏頭痛、胸脇苦満、精神病、ノイローゼ、顔面痛、後頭痛、肩痛、胸脇痛、顔面マヒ、嗜眠、ものうげ)
3.眼涙症状(眼痛、眼充血、視力減退、目の疲れ、多涙、眼痛、眼充血、物もらい、目やにが多い、羞明、眼底出血、失明)
4.緊張症状(急迫症状、こわばり、ひきつり、痙攣、イライラ、狂暴、てんかん)
5.運動症状(運動不自由、ふるえ、力がはいらない、弛緩、もうろう、不遂、マヒ)

クスリ


 治療特徴

中医師 漢方・中医学(Traditional Chinese Medicine)における治療の特徴は、「病気そのものにこだわらず、体質の改善によって健康に導く」ことと、 「自然の生薬(herb) »を処方した漢方薬を使う」ことです。
生体における「気=エネルギー(energy)的なもの・肉体の機能や働き」、「血=血液(blood)」、「津液=体内水分」の3要素が身体をバランス良く循環することが大切だと考えます。
人間の健康は、これら「気」(陽)「血・津液」(陰)の調和(harmony)のもとに保たれています。「血・津液」は、原動力となる「気」のもとで初めて活性化され、全身を循環して五臓六腑に栄養を供給します。 この陰陽(positive and negative principles)が調和(陰平陽秘)していれば、健康でいられますが、陰陽のバランスが崩れると、さまざまな病気が起きてくるのです。
黄帝:三皇五帝時代。夏王朝の始祖。宮廷医師、岐伯との問答形式で記された古典的医学書「内経 »素問」の著者です。日本ではユンケル「ユンケル黄帝液」などと商品名に利用されています。

 証判定

判定

証(症状・体質)判定を望む方判定の方右矢印 証の判定メニュー画面へ » ※この判定のために、AI(人工知能)のエキスパート・システムを構築しました。Java

 備 考

鑑別のポイント:肝気欝結証の決定
誘発原因として精神的要因が存在する。
脹・悶・痛、気滞の三大症状を主症にもつ。

 病 因

病気のしくみ

病気はどうして起こるのでしょうか?(中医学の病因)

異常が起こす病気のメカニズムは、次の4つに大別されます。

1.陰陽失調

…正常な状態での陰陽(positive and negative principles)は、互いに影響しあいながら平衡状態を維持 していることになります。しかし平衡状態が乱れて、どちらかが増長としたり減退すれば病気の引 き金となり、これが「陰陽失調」に当たります。
【論治】陰または陽の補充を行う漢方薬を使用します。具体的には八綱分類で対応します。

2.邪正盛衰

…邪とは病気を引き起こそうとする「病邪」、正は病邪から体を守 る「正気」のことで、病邪の力が正気を上回って病気になってしまうのが「邪正盛衰」です。たと えば、ウイルスを病邪、体の抵抗力を正気と考えればいいのです。ただ、結果的に邪が正を打ち 負かして発症するといっても、その過程は病邪・正気自体の強さによる2つのパターンに分けられ ます。この2つが、東洋医学の診断で重要な「実証か虚証か」という見きわめに直結します。
【論治】病気の直接的な原因となっている「内外の病邪(病因)」を除去する漢方薬を使用します。

3.気血失調

…血は気から作られ、その血は気に変化することもあるように、気 血は車の両輪のように密接に連動しながら人体の生理を支えています。「気血失調」とは、どちら か一方の乱れがもう一方に深刻な影響を与えて病気が起きることをいいます。
【論治】体内に流通する気・血・水(津液)・精の疎通あるいは補充を行う漢方薬を使用します。

4.臓腑経絡の失調

…五臓六腑の活動はそれぞれの臓器の気が行っています。こ の臓器中の気や血の不足から発症するのが臓腑の失調です。また、経絡は気と血の一部の運行経路 ですから、その機能が失調すると気血の流れに異常が起こって病気につながります。
【論治】五臓六腑の機能を調整する漢方薬を使用します。

普通は、これらの4つのメカニズムの働きを1~3種類の漢方製剤で対応できることが多いです。しかしながら、成人病・難病は内・ 外の病因が複雑化し、五臓六腑の機能失調の状況や、体内を流通する気・血・津液・精の盈虚通滞(量的に過剰か不足 か、流通が過剰が停滞かなど)における病理現象が煩雑化しているため、4種類以上の漢方製剤を使用する場合もあります。

張仲景

人張仲景

:150年~219年頃?南陽郡(河南省)の人です。後漢の霊帝時代に活躍しました。医方の祖と人々から尊敬され『傷寒雑病論』を作りました。 生薬を組み合わせて処方し、病態に対応する治療書です。『傷寒論』と『金匱要略』があり、湯液療法の規範となっています。



葉天士

人葉天士

:1667年~1746年 中国江蘇省蘇州の人です。清の時代に活躍しました。衛気営血弁証を弁証綱領とすることを提唱し、温病学の考え方の基礎を作った人です。 弟子や後代の人々の手を経てまとめられた彼の治療技術は、『温熱論』『臨証指南医案』『葉氏医案 存真』『葉氏医案』として、現代に伝えられています。



 治 則

治則とは、2300年以上に渡る臨床の積み重ねの結果、確立された治療手順 の原則です。
治則には2つの原則があります。

1.病を治するには必ず本を求む(治病求本)

病(やまい)には、かならず症状と症状をつくりだす本質とがあります。そこで、 症状をといい、本質をといいます 。「病を治するには必ず本を求む」とは、病気を治すためには、必ず病気の本質となるものを探らなければならない、という意味です。
私達は、ある疾患に対し、八綱弁証、気血津液弁証、臓腑弁証などの弁証方法を用いて、証を求めることを学びました。 たとえば、血虚による便秘を例に取ると、便秘をおこす本質となる血虚証を改善することに重 点を置かなければなりません。血虚証が改善されれば、血のもつ滋潤作用で、腸壁が潤い、便がスムーズに流れ、 便秘はおのずから消失します。
このように病気の本質を突き止めることが「病を治するには必ず本を求む」の本意です。
病気の本質を見きわめた後、それを除去する手順(治則)として以下の5つの手順が用意されています。

(1)扶正

病気が正気の不足で起こる虚証のときは、正気を補う扶正が治則となります。正気とは、体を維持するために不可欠なもので、 具体的には気、血、津液、精および各臓臆、経絡の働きをいいます。気、血、津液、精の不足およびに各臓脇、 経絡の機能低下を総称して正気不足といいます。
治則は正気を補う方法が取られます。補気、補血、生津、益精などがこれに相当します。

(2)祛邪

病気が邪気によっておこる実証のときは、邪気を取りのぞく祛邪が治則となります。邪気とは、六淫の邪、 内生の五邪およびに体内の病理産物である水湿、痰飲、瘀血などをさします。
邪気が病因なので、邪気を取りのぞかなければならないのです。これを祛邪といいます。 散寒、清熱、祛湿、活血などがこれに相当します。

(3)攻補兼施

正気不足と邪気の停滞とが同時におこる状態に用いる治則です。
たとえば脾の運化作用の低下が長びき、同時に津液の運化が損なわれて痰飲が生じている場合には、健脾と 祛痰(扶正と祛邪)を同時におこなわなければなりません。

(4)急な症状は先に治す「急なれば標を治す」

緊急の症状のときには、早急に症状の改善をはからなければなりません。
たとえば脾の不統血による大量の出血では、まず止血をすみやかにおこない(標を治します)、その後、 脾の統血機能を回復させる升補脾気、益気摂血にしたがい治療します(本質を治します)。

(5)表証と裏証が併存するときは表証を先に治す「先表後裏」

表証と裏証が同時に存在する場合は、裏証の存在を考慮しながらも、表証を先に治療します。
日頃から気虚があるものが、風寒の邪で表をおかされた場合は、急いで表にある風寒の邪を取りのぞく 疏散風寒(祛邪)をおこないます。その後、気虚を補う補気(扶正)の治療を取る。ただし、気虚の程 度が甚だしいときには、疏散風寒(祛邪)と同時に補気(扶正)をおこなうこともあります(攻補兼施)。

中国女性

2.地域(region)、時節(season)、人(individual)により治療が異なる

地域性、季節性、個人差を重視し、これに適する治療をおこなうことを大原則とします。

(1)地域性(region)

地域が異なると、温度や湿度などが違い、さらには生活習慣や食生活も異なります。この地域性の違いは、 人体に多大な影響を与えることになります。治療を行う場合は、地域性の違いや、それから考えられる体質の 違いを十分考慮しなければなりません。
島国の日本では、湿度が高い(湿邪に犯されやすい)。一方中国では、大部分が内陸型の気候であるため、 乾燥し、湿度が低いです。さらに日本の食生活では、生もの(寿司など)や冷たいもの(清涼飲用水など)をよく好む傾向があります。そのた めに日本人は一般に脾の運化作用が弱いことが多いです。
治療の場合は、脾の運化作用を活発にさせる配慮が必要です。また近年は、住居の密閉性(マンションなど)が高くなり、 冷暖房設備(エアコンなど)が充実しているため、夏に風寒の邪に犯されたり、冬に燥熱の邪に犯されたりすることもしば しばみられます。
また、日本に於いては、都会の自動車による大気汚染や食物の農薬汚染など環境汚染が甚だしい問題になっています。 この問題についての中医学の対応も非常に重要な課題となります。
そのため同様の「証」に対しても、中国の治療がそのまま、日本で適応するとは限りません。

(2)季節性(season)

日本の四季は、春・夏・秋・冬の区別がはっきりしています。季節の移り変わりに応じて、人体も少なからず変化します。 そこで、季節の変化は、治療にあたり、考慮しなければならないひとつになります。
たとえば、冬と夏とでは、同じ風寒の邪によるカゼでも、少し違い があります。冬は、寒さで汗孔が閉じていることが多いです。そのため風寒の邪 を取りのぞくには汗孔を開き、発汗に力点をおかなければなりません。
一方、夏の場合は、暑さで自然に汗孔が開いている状態にあります。たとえ風寒の邪が侵入しても、 汗孔を軽く閉じる程度です。従って軽度の発汗力をもつ薬物が配合されたもので十分です。 このとき、冬期と同様に強力な発汗力をもつものを用いれば、汗孔が開きすぎ、汗が ダラダラと止まらなくなり、風寒の邪が取り除かれると同時に気や津液が消耗し、 感冒は治癒しましたが気虚や津液不足に陥るはめになってしまいます。

(3)個人差(individual)

人はそれぞれ父母から受け継いだ先天の素因(先天の精)が違い、さらには母体内の環境や栄養状態も異なります。 ましてや、生後から現在にいたるまでの生活環境、仕事の環境、人間関係などはまったくといって いいほど違います。そのため、ひとりひとりの人間が同じ体質をもつことなど有り得ません。
また、ひとりの人間の一生をみても、成長の過程により、体質が変化します。女性の例では、 妊娠出産時の体質の変化は無論として、毎月の排卵、月経のたびごとに微妙に体質が変化します。 以上のことでわかるように、個人差は治療の場合、必ず考慮すべきものです。

ハル薬局
区切り

中医学(漢方)は中国(China)で生まれ、発展した体系医学です。その起源(origin)は遠く2千3百年以上も前に遡ります。そして、日本にも古く(5世紀)に中国から朝鮮半島を経て伝わり、日本独自の発展をしました。

自然(nature)との調和(harmony)を求め、自然に学ぶ。自然を活かし、人(human being)を活かす。自然の恵み(mercy)。

五行説

五行:万物(all things)が木(tree)・火(fire)・土(earth)・金(metal)・水(water)の5つの要素で構成され、自然界の現象はこれらの運動や変化によって説明できるとした世界観です。リンク陰陽五行説(positive and negative,five classification theory) »