ページの最後へページの最後へ »

こんな方に

証の区別はない

主 治

歯痛・抜歯後の痛み・頭痛・項背痛

適応症

歯痛、頭痛、三叉神経痛歯齦痛および口腔内の腫脹疼痛

妊娠・授乳の注意

女性

●妊婦または妊娠の可能性のある人は、使用できない場合があります。

診断のポイント

●歯痛、歯齦痛
●脉緊


処方別・製品一覧

医薬品個人輸入 説明表示をクリック(タップ)→説明表示 いらっしゃいませ 医療用漢方薬

ツムラ 立効散 エキス顆粒(医療用)の通販画面へツムラ 立効散 エキス顆粒(医療用)の通販画面へ »
ツムラツムラ » ≪医薬品≫ 漢方製剤No:110
本剤は、〈顆粒剤〉です。
医薬品の個人輸入
ツムラ 立効散 エキス顆粒(医療用)のお買物(shopping)
商品番号 規格 税込価格 数量 カゴに入れる↓
k0720 42包(2週間分) 3,275円(税込)
数量
k0848 189包(63日分) 13,132円(税込)
数量

区切り線


ご購入手順

SSL説明ページへ

*【カゴに入れる↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに商品が1個入ります。
*複数個お買い上げの場合は数量を入力して、【カゴに入れる↓】ボタンをクリックして下さい。
*別の商品の【カゴに入れる↓】ボタンをクリックするとあなたの買物カゴに別の商品が追加されます。
*このご注文からSSL(セキュリティ機能)を使用しますので、あなたの情報は安全に守られます。
CreditCardの使用ができるようになりました。

  リンク電話注文 »電話注文 リンクFAX注文 »FAX注文 リンクメール注文 »メール注文 リンク直接来店 »直接来店

区切り線

証の判定

判定

証(症状・体質)判定を望む方判定の方右矢印 陰陽(太極図)証の判定メニュー画面へ »
※この判定のために、AI(人工知能)のエキスパート・システムを構築しました。Java

中医学の証・解説

次の症状のいくつかある方は、本方剤が良く効く可能性が大きいです。

立効散 朱雀:四神の獣・南方の守護神

【中薬大分類】治風剤…風(ふう)の邪による失調を治す方剤です。即ち、外風を疏散したり、内風を平熄する効能をもち、風病を改善する方剤です。

【中薬中分類】疏散外風剤…体外から侵入した外風を治す方剤です。

八綱分類

表寒虚(実)(ひょうかんきょ(じつ)) 表 寒 寒 虚 実 …証(体質・症状)は、一応表証(急性期)、寒証の方に適応しますが、この方剤は、たいていの、どの証にも対応します。


【気血津・臓腑証】
疼痛(歯痛・頭痛)・表熱(とうつう(しつう・ずつう)・ひょうねつ)…立効散は止痛の薬物だけで、鎮痛を目的とした頓服として使用されます。防風・細辛が温性で、升麻・竜胆草が寒性ですので、寒熱のバランスがとれて、平性の鎮痛剤になっています。細辛は局所麻酔作用を持つため、口中に含むと歯痛の鎮痛効果がすぐに得られます。
立効散は辛温と辛凉の解表薬に清熱薬を加えた方剤ですから、表熱に用いても良く効きます。

【証(病機)】血因寒凝(けついんかんぎ)

中医学効能(治法)

温陽活血・止痛・解表

用語の説明(term)

温陽(おんよう)…温める力を補充することです。

活血(かっけつ)…血の流れを良くすることです。

止痛(しつう)…痛みを止めることです。

解表散寒(げひょうざんかん)…辛温解表と同義です。寒さの邪気による風邪の場合に体表にある寒邪を追い出すことです。


症例・病例・治癒例・case study(case study)

【立効散の症例・治例】…次の症例に近い病症の方は、本方剤をお奨めします。

1〈立効散で急な歯痛がすっかり治まった〉

治例図 高血圧でかねてから漢方の処方を受けていたAさん(60歳・男性)は、ある日の夕方、急な歯痛に襲われてしまいました。
歯科はすでに診察を終えている時間ということで、ホームドクターの漢方を取り入れている医院に駆け込みました。そこで処方されたのが、即効性のある痛み止めの立効散です。
2日分処方されたのですが、その夜に飲むとすぐに効き目があり、翌日には痛みも、歯科に行くことも忘れるほどでした。
後日歯科に行くと、歯痛の原因は虫歯だったと分かったそうです。

・現代病名:歯痛

区切り線

組成成分

各生薬の詳細説明にリンクします。
防風  細辛  升麻  竜胆草  甘草 

立効散の中薬一覧(herb list)
生薬名(herb name) 薬量(quantity) 君臣佐使(role) 効能1 効能2 大分類 中分類

防風 »

2

佐薬

辛温解表

止痛

解表剤

辛温解表薬

細辛 »

2

君薬

辛温解表

止痛

温裏薬(散寒薬)

升麻 »

2

臣薬

辛温解表・清熱

止痛

解表剤

辛涼解表薬

竜胆草 »

1

佐薬

清熱

止痛

清熱剤

清熱燥湿薬

甘草 »

1.5

使薬

調和

補虚薬

補気薬

・君薬…方剤配合中の主薬で、症状に対して主に作用する薬物です。
・臣薬…主薬を補助して主薬の効き目を強化する薬物です。
・佐薬…主薬に協力して二次的な症状を取り除くか、または主薬を制御し、主薬による副作用を抑えるか防ぐ薬物です。
・使薬…方剤の中では二次的な薬物か、引経(薬物を病のある場所まで引率していく作用)の薬物です。

中薬構成(herb composition)

神農

細辛・升麻・防風はいずれも発散性で、細辛・防風には鎮痛作用があり、ことに細辛には麻酔作用もあります。升麻は咽頭の腫痛にもよいとされています。竜胆には発散作用はないが、解熱・消炎作用があります。
したがって、本方剤は主として口腔内の消炎・鎮痛に適した方剤と見ることができます。

神農:三皇五帝のひとりです。中国古代の伝説上の人といわれます。365種類の生薬について解説した『神農本草経』があり、薬性により上薬、中薬、下薬に分類されています。日本では、東京・お茶の水の湯島聖堂に祭られている神農像があり、毎年11月23日(勤労感謝の日)に祭祀が行われます。

区切り線
区切り線
区切り線